東京事務所
東京都港区虎ノ門3-23-6 RBM虎ノ門ビル7階
大阪事務所
大阪市西区立売堀1-2-12 本町平成ビル3階
福岡事務所
福岡市博多区博多駅東1-5-8 モアグランド博多ビル4階
名古屋事務所
名古屋市中区栄5-26-39 GS栄ビル3F
台北事務所
新北市中和区中山路二段332巷11号
営業時間
10:00〜17:00 
 休業日 
土曜・日曜・祝日

お問い合わせはメールのみの受付となります。

台湾法人の設立

台湾に行かなくても法人設立可能

台湾法人の設立については、1回も行かなくても設立が可能です。詳しくはお尋ねください。
なお、銀行口座の開設については、口座開設後、1回は来台が必要となります。

進出形態(現地法人/支店/駐在員事務所)

一般的な外国企業が台湾に進出する形態は、以下のように区分されます。
(1)現地法人
(2)支店
(3)駐在員事務所または連絡事務所

それぞれについて下記の表にまとめてみました。

  現地法人 支店

駐在員事務所

登記義務 登記必要 登記必要 登記必要
営業活動

OK

OK

不可

法的責任

現地のみ

  責任は本社に及ぶ  

  責任は本社に及ぶ  

納税義務 納税義務あり 納税義務あり 納税義務なし
税務申告 現地法人単体のみでOK 本社資料の提出を要する
海外送金 親会社への配当課税 日本本社への送金は非課税
設立日数 約1.5カ月 約1.5カ月 約1カ月
お問い合わせはこちらをクリック

有限会社と株式会社の違い

現地法人は、主に以下の2つの形態に分かれます。

  有限会社(有限公司) 株式会社(股份有限公司)
メリット

✔ 資料の準備が簡単

✔ 代表者1名で設立可能      

✔ 個人出資も1OK

✔ 日本から見たとき大きく見える

✔ ちゃんと商売しているように見える

 

デメリット

✔ 小さく見える

 

 

✔ 財務長を置かなければならない

✔ 監査が厳しい

✔ 設立手続きや口座開設手続きがやや面倒

株主の数

個人の場合 1人以上
法人の場合 1社以上

個人の場合 2人以上
法人の場合 1社以上

現地法人の設立スケジュール

    お客様がやること(当社がサポート) 当社がやること
STEP1 設立準備

必要書類を準備する

STEP2 必要資料の手配 在日台湾代表処で必要資料の認証手続きを行う
STEP3 登記住所の決定 台湾での登記住所を決定する(名義貸し可) 設立許可申請申請
STEP4 訪台(1回目) 統一番号の取得/準備個室口座開設 外国人投資資格申請
STEP5 資本金の送金 資本金を日本から国際送金 投資金額査定申請
STEP6 印鑑の準備 法人印など印鑑作成
STEP7 資本金の監査 資本金監査申請
STEP7 会社設立 当社が用意する書類にサイン

設立登記申請

STEP8 訪台(2回目) 国税局面談/準備室口座の名義変更/法人口座 貿易資格申請
  有限会社 株式会社 支店
特徴 代表者1名から開業可能、開業までの期間が比較的短い、比較的簡単に開業できるので中小起業に好まれる 法人出資の場合、代表者1名様から設立
可能個人出資の場合、代表者1名、監査人1名で設立可能
税金が本店のある国の税率に準拠するため台湾より税金の安い国に本店がある場合はメリットがある支店で得た利益の配当金を送金する際、課税がない

設立までの
所要期間

約2か月 約3か月 約3.5か月
サポート内容 代表者身分証明認証費、各管轄機関登記費、各登記申請資料中国語翻訳、輸出入及び英文社名登記代行、資本金会計認証書(100万元まで)、刻印(社印、代表者、領収書) 代表者身分証明認証費(台湾で認証する場合に限る)、各管轄機関登記費、各登記申請資料中国語翻訳、輸出入及び英文社名登記代行、資本金会計認証書(100万台湾元まで)、刻印(社印、代表者、領収書)

現地法人の設立計画を作成する際の留意点

台湾での現地法人の設立には、約2カ月程度かかります。ただし、実際に営業を開始できるのはさらに1カ月ほどして営業登録が完了してからになります。

また、ビザ申請も完了まで約2か月程度みておく必要があります。日本から駐在員を派遣する場合はご注意ください。

台湾での法人設立は、比較的簡単なほうですが、時間がかかってしまうのがデメリットとなります。

そのため、しっかりとしたスケジューリングが重要となります。

現地法人の設立が遅れがちになるケース

台湾での現地法人設立までには、さまざまなトラップが待ち受けており、それらをしっかりとクリアしなければ設立予定日はどんどん遅れていきます。

以下に代表的な遅延理由を掲げますので、参考にしてください。

・日本での書類認証がわからない!

・中国語での営業項目の設定に時間がかかる!

・中国語での定款の作成に手間取る!

・台湾現地法人の口座開設のための必要書類の準備に手間取る!

・日本から送金したはずのお金が台湾側に着金しない!

などなど、さまざまなリスクがありますので、十分注意してください。

台湾進出の際のトラブル事例

✔ 必要な営業項目の取り忘れ ⇒ 設立後に再申請

✔ 日本での書類認証のやり直し ⇒ スケジュールが大幅に遅れる

✔ 日本からの海外送金のやり直し⇒ 送金手数料が倍になる

✔ 口座情報の間違い ⇒ 着金確認のため再度台湾を訪問

✔ 登記書類不備 ⇒ 再度申請でスケジュールが遅れる

✔ ビザ申請の手配ミス ⇒ 家族ビザの取得が大幅に遅れる

取得する営業項目によっては、審査に時間がかかったり、許認可を必要とするものがあるため、 さらに時間がかかります。

台湾進出サポートへのお問い合わせはこちら

台湾進出サポートをご覧いただき、ありがとうございます。
お問い合わせはメールからのみの受付となります。
メールフォームに記載の上、ご連絡宜しくお願い致します。

よくあるご質問

  • 台湾進出のメリットとデメリットを詳しく教えてください
  • 台湾ではどのように現地法人や駐在員事務所を設立すればよいですか?
  • 台湾の工場を紹介して貰えますか?
  • 台湾の会計制度と会計実務を教えてください
  • 台湾の税金の仕組みを教えてください

お問い合わせはメールのみの受付となります。

新着情報

ガルベラ総合サイト・
セミナー掲載サイトを含む更新履歴

2024年07月18日

台湾進出サポートへのお問いわせはメールのみの受付となります。

台湾進出サポートへの
お問い合わせはこちら

海外赴任者の給与計算は国内での給与計算とは違います。海外赴任者の為にも海外赴任規程を定め、準備をしましょう。

経営者が知って得する!
税務・労務・法務・海外進出の情報を毎月お伝えします。

ガルベラ国際労務税務

海外駐在員の労務と外国人雇用やビザなどの情報をご提供

海外現地法人との金銭取引に係る国際税務や、海外赴任者の所得税、タックスヘイブン対策税制などを解決します。

実績年間50件以上!海外赴任規程の作成、給与、税金、社会保険のご相談

ガルベラ福岡事務所では、貴社の海外進出をワンストップでサポート。

ガルベラ海外進出支援

中国全土での現地法人設立や許認可取得、記帳代行、税務申告、ビザ申請、中国国内の組織再編などをサポート。

香港法人設立、会計、税務、労務を総合的にサポート安心報酬プランで年間維持経費を安く抑えることができます。

現地視察、市場調査、現地法人設立、銀行口座開設、会計税務などをホーチミン・ハノイの双方の拠点でサポート。

タイ法人設立、会計、税務、労務を総合的にサポート安心報酬プランで年間維持経費を安く抑えることができます。

ガルベラ・USA

アメリカでの法人設立、会計、税務、労務をサポート。日本国内にいながらアメリカの税務申告も可能です。

シンガポールでの会社設立、会計、税務、労務のサポート