東京事務所 東京都港区虎ノ門3-23-6 秀和虎ノ門三丁目ビル7階

大阪事務所 大阪市西区立売堀1-2-12 本町平成ビル3階
福岡事務所 福岡市博多区博多駅東1-5-8 モアグランド博多ビル4階
台北事務所 新北市中和区中山路二段332巷11号
営業時間
9:00〜18:00 
 休業日 
土曜・日曜・祝日
東京事務所
03-5405-2815
大阪事務所
06-6535-8828
福岡事務所
092-477-2025
台湾での法人設立、口座開設、会計、税務、給与計算、ビザ申請ならお任せください

貴社の台湾進出を日本と台湾の双方からサポート!

このたびは、当社台湾進出サポートのサイトをご覧いただきまして、ありがとうございます。
私どもガルベラ・パートナーズグループは、現在、東京・大阪・福岡に拠点を置き、全国のお客様に対して海外進出をサポートしております。国内では、税理士、社会保険労務士、司法書士、行政書士などの国家資格者が集まる専門家集団であり、通常の税理士業務、社会保険労務士業務、司法書士業務などを行っています。

海外は、台湾のほかに、中国、香港、ベトナム、タイ、アメリカの計6カ国に現地法人を置き、直接当社が会社設立や税金、給与、労務、ビザなどのサポートにあたっているほか、シンガポール、フィリピン、インドネシアなどの東南アジア諸国や、イギリス、フランスなど欧米諸国への進出については、外部の専門家とパートナーシップ体制を構築し、日本企業の海外進出をワンストップでサポートできる体制を構築しています。

ガルベラ・パートナーズグループでは、年間100社を超える日系企業様のご相談に応じ、これまで数多くの中堅・中小企業様を台湾・中国・香港などの東アジア諸国へ導いてまいりました。貴社の海外進出が円滑に進むよう、日本と中国の双方でご支援させていただきます。

はじめはバーチャルオフィスからという選択肢も

ガルベラ・パートナーズ台湾法人では、バーチャルプランもご用意しています。

日本にいながら台湾法人を有することができ、かつ、現地の電話番号も取得可能です。

初期費用を最小限に抑え、台湾進出リスクを軽減しつつ最大のビジネス効果を狙う一つの方法として、ぜひご検討ください。

台湾での法人登記だけでなく、年間の会計業務もまるごとお任せいただけます。

バーチャルオフィス・プラン 年間100,000台湾ドル(営業税別)

住所貸しのほか、記帳(年間100仕訳以内)および決算ならびに税務申告手続を含みます。
表示金額のほかに、営業税5%が生じます。※法人設立報酬は別途となります。

台湾でのスタートアップをバーチャルオフィスでとお考えの会社様にお勧めです!

ガルベラ・パートナーズ台湾法人の特徴

  • リーズナブルな報酬体系
  • 日本と台湾の双方でサポート
  • 口座開設が強い
  • 台湾の公認会計士も在籍
  • 日本語対応OK

リーズナブルな報酬って、いくらぐらいなの?

設立と口座開設を合わせて、30万円以内で可能です。もし許認可が必要な業種であれば、追加報酬が生じます。クライアント企業様の台湾進出を、たとえば国内の別の地域に進出するのと同じくらい簡単に進出できることを目的としています。

口座開設手続きはどれくらい難しいの?

いま、個人口座の開設は全世界的に難しくなりつつあり、台湾でも同様です。法人口座は、これまでいろんな銀行で手続きができていたものが、台湾政府の方針で1行に限定されることになり、今後ますます厳しくなることが予想されます。当社はいまのところスムーズに開設手続をサポートできています。諸外国を見るに、今後はさらに口座開設が難しくなると思われますので、早めの着手をお勧めいたします。

設立からビザが取れるまではどれくらいかかるの?

当社では、最速で設立とビザ取得のサポートをしていますが、台湾の会社設立はどれだけ急いでも1カ月半かかります。ビザは会社が設立できてから2カ月は見ておく必要があるので、併せると3カ月半ほど必要になります。設立やビザ取得についてのスケジュールは、それぞれのサブページに詳しく記載していますので、ご確認ください。

まずはご要望をお聞かせください!

台湾進出を成功させるための3つのサポート

台湾での会社設立はそれほど難しくはありませんが、徐々に規制が強化されつつあり、口座開設も難しくなる一方です。

海外法人のコントロールはまずは会計の把握から。現地公認会計士が会計や税務申告をサポートします。

従業員を雇用したら給与計算、雇用契約、就業規則、社会保険などが必要になります。駐在員のビザ取得も代行しています。

法人設立にはどのくらいの日数が必要ですか?

最低でも、約1.5カ月の期間が必要です。

外国人登録や法人口座開設のために2回は台湾に赴いていただく必要があります。

取引を開始するには設立着手からどのくらい必要ですか?

口座設立後、約1週間あれば領収書を発行することができるようになります。

NCC番号を取得したあと、領収書を発行することが可能となります。

ビザを取りたいのですが、資本金はいくら以上必要ですか?

運賃・保険料・リスク(損失責任)負担などの条件について、国際商業会議所(ICC)が制定した貿易取引条件とその解釈に関する国際的な貿易ルールをいいます。

お問い合わせはこちら

ガルベラの台湾進出サポートサイトをご覧いただきまして、誠にありがとうございます。お問合せ・ご相談は、お電話又はメールにて受け付けております。

【受付時間】
9:00~18:00(土日祝を除く)

東京事務所
03-5405-2815
大阪事務所
06-6535-8828
福岡事務所
092-477-2025

大見出し

中国本土での現地法人の設立、口座開設、会計、税務、給与計算、ビザ取得などをサポート

香港での現地法人の設立、口座開設、会計、税務、給与計算、ビザ取得などをサポート

ベトナムでの現地法人の設立、口座開設、会計、税務、給与計算、ビザ取得などをサポート

タイでの現地法人の設立、口座開設、会計、税務、給与計算、ビザ取得などをサポート

アメリカでの現地法人の設立、口座開設、会計、税務、給与計算、ビザ取得などをサポート

ガルベラ福岡事務所では、貴社の海外進出をワンストップでサポート。お気軽にお問い合わせください。